DISH:

最高級品を追求し続けた「孤高」の伝承~伊万里焼

2017年03月21日

積出港として広まった「伊万里」の呼称

 唐津焼発祥の地とされる岸岳地方(唐津市北波多地区)に隣接する伊万里市では、岸岳地方を支配していた波多氏が豊臣秀吉に追われると、離散した岸岳の陶工と朝鮮から渡米した陶工たちによって窯が開かれ、陶器の生産が始まりました。この時期の窯跡は、今も伊万里市に残っています。

 1616年に有田で磁鉱石が発見されると、佐賀藩は有田焼などの磁器生産に力を入れるようになります。1637年には燃料の薪を切り出すことによる山の荒廃を理由に藩は窯数の整理に乗り出し、窯を有田地域東部の13カ所に統合、伊万里地域の4カ所の窯場はすべて取り潰されました。ただ、有田などで焼かれた陶器の積出は伊万里の津(港)で行われたため、肥前地域で焼かれた陶磁器は「伊万里(古伊万里)」として認知されるようになりました。「伊万里」の名称は陶磁器の生産地としてはではなく、積出港だったことから国内外に広く知られることになったのです。

藩窯が置かれ、最高級品「鍋島」を生産

 17世紀半ばになると、伊万里は磁器の産地として再び注目を集めようになります。当時佐賀藩では、中国(明)の陶磁器を輸入して将軍家に献上していましたが、1644年に明が滅びると陶磁器の輸入が途絶えました。そこで承応年間(1652~54)に、最高の技術をもつ陶工を集めて有田の岩谷川内(いわやごうち)に御用窯を設け、中国陶磁に代わる高級磁器の生産を始めました。その後、御用窯は伊万里の大川内山(おおかわちやま)に移され、ここで作られた献上用の磁器は「鍋島(鍋島様式)」と言われます。

 藩窯では技術の漏出を防ぐため陶工の出入が堅く禁じられ、制作工程も藩によって厳重に管理されました。「鍋島」は朝廷や将軍家など限られたところへ贈られ、一般には流通しませんでした。孤高を貫き、技術を磨き続けた「鍋島」は数も少なく、その骨董的価値も非常に高いものとなっています。
 明治4年に藩窯が解散してからも、大川内山の各窯では高度な技法を受け継いできました。現在では「鍋島」などの様式美を受け継いだものから、現代の生活感覚にマッチしたものまで、多くの種類の磁器が「伊万里焼」として焼かれています。

「鍋島」の流れを汲む、現代の伊万里焼

 伊万里焼は「鍋島」の流れを汲んでおり、その種類は大きく「色鍋島」「鍋島染付」「鍋島青磁」の3つに分類されます。鍋島藩窯の作品の大半は鍋島染付と鍋島青磁ですが「銹釉(さびゆう)」や濃い青色をした「瑠璃釉」などを組み合わせたものもあります。

◆色鍋島
 藍色の呉須(ごす)で下絵を描き、本焼後、赤・黄・緑で上絵をつけたものです。基本的に金や銀は使用せず、赤・黄・緑の3色という限られた色数で、様々なデザインが施されています。上絵の下に描かれた藍色の輪郭線も特徴の一つ。色鮮やかな色鍋島は日本磁器の最高峰としてその美しさを誇っています。

◆鍋島染付(藍鍋島)
 透明感のある素地に、呉須による藍一色の染付を施したものです。藍色以外の色を使わないため、しっかりと輪郭を描いてから内側を塗りわけており、他の染付に比べて引き締まった印象があります。

◆鍋島青磁
 大川内山の質の高い青磁原石を用いた青磁釉を、何度もかけて焼き上げたものです。青磁釉は、鉄分を1~2%含んだ釉薬で、還元焔で焼成することにより青緑色に発色します。