佐賀県内の肥前窯業圏には、唐津焼、伊万里焼、有田焼、武雄焼、肥前吉田焼など
多様な種類の陶磁器と窯元が現在でも存在します。
みなさん、この違いが分かりますか?
それぞれのエリアの特徴的な陶磁器をマッピングしてみました。それぞれの違いをお楽しみください。各エリアをタップしてそれぞれの違いをお楽しみください。

CLOSE

唐津市 - 唐津焼

唐津焼の歴史

唐津は肥前窯業圏の「はじまりの地」。
唐津焼は朝鮮等との交流の影響を受け16世紀末に唐津の北波多において陶器が焼かれていたものが始まりとされています。登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術の導入によって作風や種類も豊かになり、安土桃山の茶の湯文化と相まって、「一井戸、二萩、三唐津」と言われるほど、茶の湯の名品として多くの茶人に愛されてきました。

唐津焼の特徴

唐津焼は「土もの」と呼ばれる陶器です。ざっくりとした粗い土を使った器は素朴かつ力強い印象を与え、今も昔も人々をひきつけてやみません。また、唐津焼の大きな魅力は「用の美」を備えること。「作り手8分、使い手2分」と言われ、料理を盛る、茶を入れるなど使ってこそ作品が完成します。近年では、酒器(ぐい呑み)としても人気です。

CLOSE

伊万里市 - 伊万里焼

伊万里焼の歴史

江戸時代、将軍家への献上品として佐賀藩の御用窯で最高級の材料と技術者によってつくられた鍋島焼。その伝統を受け継いだ磁器が現代の伊万里焼です。
伊万里の大川内山では、秘窯の里として門外不出の技術は守られる中、鍋島染付や、色鍋島、鍋島青磁などの鍋島焼が生み出されました。ちなみに「古伊万里」と言われるのは江戸時代に有田でつくられた陶磁器で、現在の伊万里焼とは異なります。

伊万里焼の特徴

鍋島焼の素地は柿右衛門よりやや青味を帯びた白色で器肌はわずかな凹凸やゆがみもありません。精緻な線描きの染付による鍋島染付(藍鍋島)や、染付の藍に赤、緑、黄の三色の色絵を原則とする色鍋島、さらには釉薬を厚く掛けた深い青緑色の色調を特徴とする鍋島青磁など伝統を引き継いだ高度な技法が伊万里焼の特徴となっています。

CLOSE

有田町 - 有田焼

有田焼の歴史

有田焼は17世紀に生まれた日本磁器のルーツです。
江戸時代にはヨーロッパの国々へ多数輸出され、当時、伊万里港から輸送されていたため、「伊万里焼」とも呼ばれました。明治以降、輸送手段が船から鉄道に移るにつれ、有田の製品を「有田焼」、伊万里の製品を「伊万里焼」と区別するようになります。有田焼を代表する「柿右衛門様式」はヨーロッパの王侯貴族に絶大な人気を博し、マイセンの磁器が生まれるきっかけになったとも言われています。

有田焼の特徴

赤絵や柿右衛門様式を生み出した有田焼は、透き通るような乳白色の生地とその余白を活かした繊細で華やかな絵付が特徴です。磁器であるため、丈夫でありながらも薄く軽く、きめ細かい滑らかな手触りを楽しむことができることから食器としても適しており、産地では食器から美術工芸品まで幅広いやきものが生産されています。

CLOSE

武雄市 - 武雄焼

武雄焼の歴史

武雄焼は16世紀末、文禄・慶長の役の際に武雄領主に同行して渡来した朝鮮人の陶工たちによって焼き始められました。
武雄では鉄絵、緑釉、刷毛目、象嵌、叩き、磁器染付などの技法によって、大皿、瓶、壺、水指、茶碗、甕など多彩なやきものが作られ、江戸時代には日本各地だけでなく東南アジアにも広く輸出されました。

武雄焼の特徴

武雄焼は、400年の伝統を引き継ぎながらも個性が尊重され、多種多様な陶器と磁器の両方が混在する中、素朴で温かみのある落ち着いた色調を特徴として、生活陶磁器や茶道具が多くつくられています。江戸時代の武雄焼は、近年その豪快な筆使いと釉をかけ流しただけの斬新な文様が、現代アートにも通ずると再評価され、「古武雄(こだけお)」と呼ばれ近年注目されています。

CLOSE

嬉野市 - 肥前吉田焼・志田焼

肥前吉田焼・志田焼の歴史

肥前吉田焼は17世紀に蓮池藩の初代藩主鍋島直澄が隠居後、その遺業として朝鮮陶工を吉田山に招き陶磁器業者を奨励、19世紀に副島弥右衛門が制限外の窯数を増し、事業を拡張したことで繁栄しました。
志田焼は18世紀に志田地区で始まり、江戸後期には全盛期を迎え、5つの登り窯のよって皿類が大量に生産され全国に販売されました。

肥前吉田焼・志田焼の特徴

志田焼は人物や動物を戯画的に表現した染付の絵付皿が特徴。
肥前吉田焼は生活向けの食器類を焼いてきたことから窯元によって伝統的な青磁から現代的なデザイン、伝承や物語をあしらった意匠のものなど様々。作品も湯呑み、茶碗、酒器からコーヒーカップ、花瓶まで幅広く、非常にリベラルな作風と言えます。

KARATSU IMARI ARITA TAKEO URESHINO KARATSU IMARI ARITA TAKEO URESHINO KARATSU IMARI ARITA TAKEO URESHINO