妊婦さんのことを考えて作られたベルタルイボスティー

投稿日:

妊娠中は生まれてくる赤ちゃんのことを考えて、コーヒーや紅茶などカフェインを含むものの摂取は控えることが望ましいです。

何か温かいものが飲みたいと思ったとき、妊娠中の女性にうれしいものが「ベルタルイボスティー」です。

ベルタルイボスティーは、元気な赤ちゃんを産みたい妊娠中の女性のことを考えて作られています。

ベルタルイボスティーはノンカフェイン

コーヒーや紅茶などにはカフェインが含まれています。

カフェインには中枢神経興奮作用、疲労感の軽減、利尿作用などの働きがありますが、摂取すぎると不眠や筋緊張などがみられます。

摂取したカフェインは数時間で体内から分解・排泄されますが、妊娠中は分解・排泄に時間がかかり、長く体内に残ってしまいます。

カフェインは胎盤を通して胎児に届き、カフェインを分解する力の弱い胎児が高濃度のカフェインにさらされることになります。

カフェインの大量摂取は、流産や死産のリスクを高めるといわれています。

ベルタルイボスティーはノンカフェインです。

使用しているのはルイボスをはじめとした12種類の素材です。

これらはどれもカフェインを含んでいません。そのため、妊娠中でも安心して飲むことができます。

ぽかぽか成分配合で巡りによい

元気な赤ちゃんを産むためには体を冷やさないことが大切です。

冷えはつわり、むくみ、便秘、体のだるさなどを招くといわれています。

体の温めに役立つものがお茶です。

温かい飲み物を口にするだけでもお腹から温まってきますが、ベルタルイボスティーは体を温めることを考えてショウガとタンポポ根を配合しています。

特にショウガは昔から巡りによいとされて利用されたきたもので、ぽかぽかが期待できます。

妊娠中でも飲める素材

妊娠中は口にするものに気を遣うことでしょう。

お茶もどんな原料を使用しているのか気になります。

ベルタルイボスティーが使用している原料は、ルイボス、ローズヒップ、バラの花、エルダーフラワー、ネトル、シャタバリ、タンポポ根、ショウガ、マキベリー、月桃葉、黒大豆、大麦です。

素材の一部はオーガニック栽培のものです。

どれもカフェインを含まない素材で、妊娠中に気をつけなければならないものは使用していません。

砂糖も一切加えていないので、糖分を気にしている方やカロリーを気にしている方でも安心して飲むことができます。

成分だけでなく製造にもこだわり、300種の残留農薬検査、残留放射性セシウム検査分析が実施されています。

製造は認定工場で行っています。

ベルタルイボスティーは妊娠中のお母さんにも赤ちゃんにもよいです。

ベルタルイボスティーの飲み方

ベルタルイボスティーはティーバッグになっているので飲み方は簡単です。

マグカップにティーバッグを1つ入れ、その上から熱湯150~200mlを注ぎます。

2~5分ほど抽出したら飲みごろです。

マグカップにフタをすると冷めにくくなり、香りも逃げにくくなるので、小皿をかぶせるなどしてフタをすることをおすすめします。

簡単な飲み方なので、いつでも飲みたいときに気軽に飲むことができます。

ティーバッグなら持ち運びしやすく、職場での休憩時間にも飲みやすいです。

忙しい毎日のほっとリラックスするお茶の時間にもよいでしょう。

睡眠中はコップ1杯もの汗をかいているといわれ、朝は水分が不足しがちです。

そんなときの水分補給にも役立ちます。

朝からお茶で体を温めておくと、その後の活力も違うことでしょう。

ノンカフェインなので就寝前にも飲むことができます。

寝る前に体が冷えて気になるときにぽかぽかをサポートします。

また、砂糖不使用でノンカロリーなのでカロリーを気にする方でも安心できます。

食事と一緒に、口さみしいときなど、お茶を口にしてみてはどうでしょうか。

シーンを選ばず、好きなときに飲むことができます。

Copyright© My Space , 2019 All Rights Reserved.