猫が毛玉を吐く理由、吐かさないための対策について

投稿日:

猫が毛玉を吐きだす理由ですが、猫は本来獲物をしとめたあと自分の住処に戻りゆっくりと食事をします。飼い猫の場合、たくさんの猫を飼っている場合、ゆっくりと食べていると他の猫に自分の餌を食べられてしまうため急いで食べてしまいその結果、自分の毛なども飲み込んでしまい、毛玉と一緒に吐き出してしまうことがあります。この毛玉を吐き出すという行為ですが猫は獲物をしとめた際、そのまま食べていたためしとめた相手の毛が付着した状態でも食事を取ることができ、消化できないと判断した物を毛玉して一緒に吐き出すことができる由縁です。これは、猫が野生であった際の一種の生理現象ですが対策をすることも可能で食事の量を減らしたり、無理に早く食事を食べないように、多頭飼いしているのであれば別々に分けて食事を与えるなどして餌の取りあいが発生しないようにすれば毛玉を吐かないようにすることができます。基本的には毛等の消化が出来ない物を吐くために毛玉を吐き出すわけですので、ブラッシングをして毛玉を取り去ったり、毛を短くするなどをすると問題は解決します。ブラッシングを行い毛玉をきれいに取り去り、毛を整えることでも毛玉を吐き出すことを防ぐことができます。猫は主に毛繕いをする際、毛玉も一緒に飲み込みます。飲み込んだ毛玉を排出するために猫は草を飲み込み毛玉を排出させることが出来るため、その負担を減らすのであればブラッシングで猫の毛を整えてあげれば問題なく毛玉を吐き出すことが少なくなります。あくまでも少なくなるというだけで、他にも対策をする必要がありブラッシングだけでは不十分で食事に対しても猫が消化できない物を与えるなどをしてはいけません。また、飼っている猫の毛が短毛であるか長毛であるかによっても猫が毛玉を吐き出す原因になり、長毛の場合、多くは毛繕いをしている最中に自分の毛を飲み込んでしまい吐き出すため、長毛の猫ほどブラッシングをきちんとしていないと毛玉を吐き出してしまいます。短毛の猫の場合、ブラッシングをきちんとしていれば毛玉を吐き出さないのは毛が口に入りにくい点と、入ってもごく少量ですぐに吐き出す必要が無いため、猫は毛玉を吐き出さないわけです。長毛の場合、すぐにでも毛玉を吐き出さない問の中に消化することが出来ない毛が溜まり、最悪、毛が腸内部で便の通行を阻害することがあるため、すぐにでも猫は毛を吐き出そうとします。年齢と共にこの吐き出す能力も衰えていきますので一番良いのはきちんとブラッシングをしてあげることと、毛を短く整えてあげることが重要です。ちなみに毛を吐き出せなくなった場合、体内で毛が溜まる病気、毛球症になる恐れがあり、この病気は毛が長い種類の猫に多く、老化と共に悪化をする病気ですので、食欲が無くなり、体重が減少したり、吐き出す回数が多くなるなど、前兆がありますので、前兆が現れた場合、送球に動物病院を受診して処置を施してもらう必要があります。また常に餌を工夫することもでこの毛球症になった場合でも共生的に毛玉を吐き出させることも出来ますが、一番安全に処置をして貰うのであれば動物病院への受信が一番です。常日頃から体内に溜まっている毛玉を便として吐き出させるという方法でも猫が毛玉を吐き出す負担を減らすことができますので毛玉はまだ吐き出していないがいずれ毛玉を吐き出すようになるのが心配である方であれば、現代製薬から発売されているスッキリン おなかの毛玉除去ペーストなどを猫に舐めさせてあげて翌朝の便と一緒に毛玉を排出させるという製品がありますのでそういった製品を使用して猫の便と一緒に毛玉を外に排出するのが良いでしょう。この製品の場合はグリセリンが使用されており、油の潤滑効果と内部に溜まった毛玉を柔らかくする効果により便として排出しますが、他の排出方法もあります。他の方法ですと食物繊維を使用して便として毛玉を排出する方法があり、こちらの場合はドギーマンから発売されている猫用おやつ 猫の毛玉ケアスナックなどを与えてあげると便として腸内に溜まっている毛玉を外に排出します。両者共に腸内に溜まっている毛玉を輩出するために使用し胃の中に溜まっている毛玉については排出する力はありませんが、胃を超えて体内に留まっている毛玉を排出する際に使用するため、猫の胃腸の不快感による嘔吐を防ぐことができますのでお勧めできる製品です。現状では猫の体内、胃に溜まっている毛玉を取り去る方法というものは無く、自然に排出されるか、猫自身が嘔吐して吐き出させるしか毛玉を取り出す方法が無いため、ブラッシングなどをして毛繕いをした際に毛が猫の口に入り飲み込むのを防ぐしか大祭はありません。うまく毛玉を吐き出すことが出来ない猫用に毛玉を吐き出すことを促す製品であればエン麦や大麦若葉などの猫草と呼ばれる物が販売されていますので、そちらを使用するとうまく毛玉を吐き出せない猫でも毛玉を吐き出させることが出来ますが原因を排除しない限り、猫は毛玉を吐き出そうと嘔吐をし続けますので注意深く猫を観察し、原因を特定しましょう。

Copyright© My Space , 2019 All Rights Reserved.