SIAM SHADEのPASSIONほど情熱を感じる曲は無い

投稿日:

こんにちは。
皆さんは「SIAM SHADE」というバンドをご存知でしょうか?
SIAM SHADEは2016年に解散、完全に完結をし日本の音楽史から去ってしまったバンドです。
しかし、私はこのSIAM SHADEの再結成を心の底からまだまだ待ち望んでいる一人です。
彼らの作る楽曲からはまだまだ情熱の炎は消えていない。そう思うのです。
そんな私がおすすめするSIAM SHADEのロックナンバーですが「PASSION」という楽曲です。このPASSIONは日本語に直訳すると「情熱」。まさに彼らのロックスピリッツにふさわしい曲なのではないでしょうか?
メジャーデビューから通算5枚目のシングル曲です。
アルバム「SIAM SHADE3」にも収録されているファンの間では超有名な楽曲なのです。
このPASSIONのおすすめポイントは何と言っても「ギターサウンド」です。
スーパーギタリスト「DAITA」が引きこなす重低音リフが体の中を熱くさせてくれる曲です。
チューニングも通常のチューニングより「一音分」も下げ、より重厚なサウンドを聞くことが出来ます。
重低音の効いたギターのリフとボーカルの栄喜の毒のある声が何ともマッチして曲に情熱を注ぎ込んでいます。
ドラムは淳士のアタック感のあるキックとハリのあるスネアのバランスが曲に勢いを与え、ベースのNATCHINの粘りのあるサウンドが全ての楽器隊を一つにまとめます。
そして、SIAM SHADEといえばこの人。KAZUMAを忘れてはいけません。
SIAM SHADEには栄喜というメインボーカルの側に強力な二人目のボーカルがいるのです。それがKAZUMAです。KAZUMAのツインボーカルぶりはこの楽曲
PASSIONでも健在です。KAZUMAのボーカル無くしてSIAM SHADEの楽曲は完成しないでしょう。サビでの見事なコーラスワークは必聴ですね。
そして、間奏の重厚なリフから流れ込むように始まるDAITAのギターソロにもう心はギュッと握られます。
序盤はアーミングを駆使して大きく響かせ、後半に畳みかけるような超絶速弾きを聴かせてくれます。そして、ソロの最後にはナチュラルハーモニクスで見事にまとめられた完璧なギターソロ。
こんなソロのアイデアを思いつくのはもはやこの世にDAITAしかいないのではないでしょうか?
メンバー全員のテクニックと情熱が合わさったテクニカルな楽曲、「PASSION」であなたにも是非情熱の炎を感じて頂きたいです!

Copyright© ロックンロールなう , 2019 All Rights Reserved.